海外旅行中の盗難・紛失・事故・ケガ・病気など、また帰国してからの事故やケガの後遺症など、どんなに自分が気を付けていても何が起こるかわかりません。「まさか自分に限ってそんなことはない」という考えは捨ててください。後になって「やっぱり保険に入っておけばよかった」ということがないように、万が一に備えて海外旅行保険にご加入ください

近年、海外旅行保険が付帯されたクレジットカードをお持ちで、海外旅行保険に加入されないお客様が多くなりました。ただ、クレジットカードに付帯された海外旅行保険は、「最高限度額が低い」「保険の有効期限がある」「治療費の立て替え払いをしなくてはいけない」「入院保証金の自己負担」など、補償内容が不十分な場合があります。今一度、補償内容をご確認ください。Gently Blueは海外旅行保険のご加入をおすすめします

Gently BlueではPADIの賠償責任保険に加入していますが、これはPADIインストラクターに過失があったと認められた場合のみ支払われる保険です。万が一事故発生時は、Gently Blueはグアムでのバックアップを全力でいたします。ただし、Gently Blueでは事故の責任を一切負いかねますので、海外旅行保険のご加入をおすすめします。

海外旅行保険の保険料率は大蔵省の認可制となっているため、どの保険会社の海外旅行保険に加入しても、同じ加入料で同じ補償金額となります。ただし、「インターネットでオンライン加入ができる」「空港で加入できる」などの便利な加入方法、「現地に日本人スタッフがいる」など現地でのサポートサービスの充実など、各社ともサービスで様々な差を付けています。代表的な保険会社をいくつか挙げてみましたので、比較検討の上、ぜひ海外旅行保険にご加入ください。

エース損害保険株式会社
エース損害保険株式会社
AIU保険会社
AIU保険会社
アメリカンホーム保険会社
アメリカンホーム保険会社
ジェイアイ傷害火災
ジェイアイ傷害火災
三井住友海上株式会社
三井住友海上株式会社
東京海上日動火災保険株式会社
東京海上日動火災保険株式会社
日本興亜損害保険株式会社
日本興亜損害保険株式会社
ニッセイ同和損害保険株式会社
ニッセイ同和損害保険株式会社
株式会社損害保険ジャパン
株式会社損害保険ジャパン
 

▲TOP

PADIライセンス
ファンダイブ
体験ダイビング
ツアー
掲示板
グアムNEWS
ポイント紹介
器材販売